セラピスト:勝又真里江

【好きなもの】
震えるくらい猫とドラえもんが好き。
リプトンミルクティーのプールで泳ぎたいくらい好き。
お酒を飲むのが好き。飲みに誘うのが苦手なので誘ってもらえれるとうれしいです…。

◆夫婦で数秘数「33」を持つ大変人!

詳しいプロフィール

幼少期~学生時代

私は保育園の時からすでにおかしいと思うことは「おかしい!」と言う子どもでした。

とはいっても何でもイヤイヤじゃなくて、もちろん、やりたいことはず~~っと熱中してました。

でもおかしい・変だ、と思うことは声に出して言っていましたね。

保育園のお遊戯なら

「なんで振り付けを先生が決めるの!?私たちが踊るんだから子どもに振り付けを考えさせてよ!」

遠足なら

「私たちが行くところなんだから、私たち選ばせてよ!」

という感じ。

でも先生にそんなことを言ったら、怒られたり廊下に立たされたり…。

子どもながらになんじゃそりゃ~~!という想い!

「すべき」=義務・強制

このしがらみが辛くて辛くて苦しい幼少時代を過ごしました。

小学校・中学校時代はもっと辛い日々…。学校って「すべき」だらけの場所なので。

学校に行きたくないけどしかたなく行って…。

ちょっと人と違うことをすると陰口を叩かれ…。

しかも、私は元々、人のウラのウラまで見通してしまうところがあって、裏表のある人には特に冷たくされた経験を持っています。

サロンにて販売中。お誕生日の方にはプレゼント(自己申告)

しかし、高校は少人数制で3年間クラスが変わらない学校へ入学!
あえて女子がクラスに6人しかいない理数系の学科へ入学しました。はっきり言って今までよりずいぶん楽になりましたね。

先生とは相変わらずぶつかることも多々ありましたが、学年主任の先生と副教頭先生が私の理解者として支えてくれました。とても心強かったです。

子どもを授かったことからヒーラーの道へ

今ではとても元気♪

その後、23歳で結婚、専業主婦に。この頃は「見える力」を一切封印して生活していました。

転機が訪れたのが、一番上の子どもを授かったときです。

子どもがハンディキャップを持って生まれたとき、直感で

「ヒーラーとしての使命に目を背けてはいけない」というサインではないかと感じました。

元々私の曾祖父・祖母がそういう仕事をしていた人でした。

そして私自身「見える力」を持っていたけど、見て見ぬふりをしていたことを突き付けられた感覚です。

追い打ちとなったのが、突然紹介でヒーラーさんに出会った時です。

初対面にもかかわらず、そのヒーラーさんから

「あなたはヒーラーになるために生まれてきたのに!

なぜそこから目を背けているの!いますぐ学びなさい!」

と伝えられたのです。

私は夫に相談し、まずは自分の子どものために、とヒーリングを学びヒーリングカウンセラーとして開業します。

アクセスコンシャスネスとの出会い

ヒーリングカウンセラーとして、活動していくうちにだんだんと気づいてきたことが、多くの人が自分のことについて「決断することができない」ということ。

私は、人生を好転してもらうきっかけになるためにカウンセラーとして活動しているのに、「依存」のような関係になっていることに違和感を感じるようになりました。

「私と出会った人には、私の言葉や他人に言われたことを鵜呑みにするんじゃなくて、自分の事は自分で決められるようになってほしい!」

「自分自身の判断で人生を切り開きたい人と私はつながりたい!」

そう強く感じるようになっていきました。

そこで、2014年から”知っていたけど学びには行っていなかったアクセスコンシャスネス”の「アクセス・バーズ™」にヒントがあるとなぜか強く感じ、施術も受けたことがないのに、いきなり養成講座に参加することにしました。

最初の講座は「???」が多かったのですが、その後受けた「ザ・ファンデーション」という講座がすごくて!!

このファンデーションが私の人生の中で築いていた「思い込み・常識」を一気に解放する内容でした!

それからは一切カウンセリングを辞め、アクセス・バーズ™のサロンを開こう!と決意します。

アクセスのセラピストとして再始動

サロンを開こうと決めたタイミングで、なんといきなり物件に出会うことができました。

私はこのサロンが、アクセス・バーズ™によってスペースを空けたら、降ってきたとしか考えられないと思っています。

そのくらい、ドンピシャなタイミングでした。

「Rainbow Heart」をオープンします。

そこからは口コミや紹介で様々な方がサロンへお越しいただきました。

とても良いご縁をいただき、Rainbow Heartをオープンして本当に良かったと感じることが今でも多いです。

養成講座も開講

しかし、今までの経験から依存される関係は作りたくないとあらかじめ考えていたので、サロンに来てアクセスの世界に興味を持ってもらった方には

「アクセス・バーズ™を自分でできるようになってみたらどう?」

ということを伝えたくて、ファシリテーターを取得し、プラクティショナー養成講座を始めました。

みんながアクセス・バーズ™をできるようになったら、家族同士で毎日施術をし合えるよね!という意図を伝えると、共感してくれる方が予想以上に多く、三島や沼津など静岡県東部や、埼玉・千葉・東京・神奈川・愛知・岐阜など県外からも講座を受けてくれる方が増えていきました。

しかも、今ではファシリテーターになった人も増えて嬉しい限りです!私だけではアクセスの魅力を伝えるには限界があるから。

多くの方に、自分で自分の人生を切り開くための「選択肢のひとつ」としてアクセス・バーズ™もあるんだよ、と知ってもらえるよう、これからも頑張っていきたいとおもいます!

今、伝えたいこと

私がRainbow Heartを通して、伝えたいこと。それは、

変えられないことなんて無いんだよ。

全てのことは変えられるんだよ。

ということです。

・歩けないとお医者さんに言われた上の子が、今では歩いて地域の小学校の普通級に通い楽しんでいること

・脳炎にかかって麻痺や後遺症の可能性があった下の子が、何も残らず今でも元気に過ごしていること

何よりも、

社会不適合者でもう死にたい!と嘆いていた私がこんなにめちゃくちゃ幸せに生きているなんて!!

本気で変わろうとすれば、変えられない事なんてこの世の中には無い!と私は確信しています。

でも、その本気の変化を選択するかしないかはあなたが決めるしかありません。

全てを失ってもいい!という覚悟。

例えるなら、スマホのアドレス帳やアプリを今この場でオールリセットするような感覚!!

大丈夫。そんなにビビらなくても大丈夫だよ。私もできたんだから。

あなたの人生の解放のヒントやきっかけになれればうれしいです。

ここまでが私の自己紹介♪
私と娘の赤ちゃんの頃から幼稚園までの体験談をこちらのページに掲載しました。

こちらもぜひお読みいただければ幸いです。

≫私と娘のことページはこちら